東京でタクシードライバーをやってみませんか

タクシーの営業スタイル

タクシーの営業スタイル

 

 

タクシーの営業スタイルには二通りあります。

 

一つは車を走らせてお客さんを拾う流し営業

 

もうひとつは駅や病院などのタクシー乗り場に並ぶつけまち営業です。

 

タクシー走る画像

タクシー待ち画像

 

一体どちらが稼げるのか?

 

基本的には前者のほうが稼げます。

 

田舎と違って東京は人であふれていますから。

 

昼間はビジネス街夜は繁華街なんかを走らせていれば、大体はすぐつかまります。

 

まあ暇な日などは、一時間走ってもお客さんが拾えない時などあるにはありますが、

 

そういう時は、ちょっとコーヒーでも飲んで休憩してください。

 

そして、気を取り直してまた走れば、間もなくつかまることでしょう。

 

また、流しの人は、休憩がてら駅などにつける人もいます。

 

まあ効率的といえば効率的ですね。

 

しかし、つけまち営業も決して悪いわけではありません。

 

人がよく出てくる時間帯や曜日なんかを熟知していれば、むしろ流しよりも効率的に稼げることもあると思います。

 

それに体力的にも、つけまち営業のほうが楽ですし、事故のリスクも減ることは事実です。

 

しかし中には日曜日や祝日でも、朝から晩まで病院のタクシー乗り場にいりびたってる運転手などもいますが、

 

あれでは稼ぎにはなりません。

 

あなたはそうなってはいけませんよ。

 

スケルトン画像

 

 
トップへ戻る