東京でタクシードライバーをやってみませんか

色々なお客さん

色々なお客さん

 

 

タクシードライバーの仕事をしていれば、そりゃあ毎日色々なお客さんをお乗せしますよ。

 

急いでいるお客さん、機嫌のいいお客さん、逆に機嫌の悪いお客さん。

 

ほんと様々です。

 

基本皆さんいいお客さんなんですけども、中にはクレーマーじみた人もいることは確かです。

 

”自分のストレスのはけ口に自分より立場の弱い人に絡んでやろう。”

 

そんな人も中にはいるかもしれません。

 

でもですね、そりゃ同じ人間、日本人ですから観察しているとお客さんにもパターンがあるんです。

 

ちょっとそこをみてみましょうか。

 

タクシー画像

 

 

色々なお客さん記事一覧

2017年にワンメーターが410円になりましたが、どうでしょう?私はもうしばらくこういうお客さんに出くわしていないです。まあお客さんのほうも結構運転手をみて物事を言いますから、”この運転手慣れてる”と思うと、あまりつっかかってくる人もいないというのもあるかもしれません。。でも、やはり今でも「何だ、今わざとメーターあげて止めたろ。」という古典的な文句を言うお客さんはいるそうです。私から言わせればTV...

タクシーの一日の営業で、乗せる回数の多いお客さんというと、昼間はお年寄りやおばちゃんが圧倒的に多いです。とてもありがたい事なのですが、この両名は特に気を付けなければならない事があります。それは、デタラメなことを平気で運転手に伝えることです。例えば、「運転手さん、次の信号を右ね。」なんて言っておきながら、「どっち行くの!?こっちよ!!」・・・だからよ。それは左だよ。とかね。まあこんなのは日常茶飯事。...

タクシーは旅客を目的地に送り届ける仕事ではありますが、接客業としての要素は強いです。お客さんもタクシー運転手に対して、接客業としての接遇を求めてきます。しかし、それは仕事ですから仕方のないことです。例えばトランクサービスなどはあたりまえにやって然るべきだと思います。しかし、お客さんのほうでも目的地の周辺にきたら、何もこちらから言わなくても、「この先に見えるホームセンターのところの信号を右ね」とか言...

タクシーに乗っていれば、酔客なんかも乗せるわけですが、我々運転手が一番困るのが爆睡されることです。乗ってくるときはわりと普通で、目的地も言ってくれ、”この人は大丈夫かな”なんて思っていたら、着いたらもう絶対に起きないモードの人とかもいます。それでも目的地を言うだけいいですが、乗ってくるなり「ずっとまっすぐ行って」だけ言ってそのまま爆睡モードになる人なんかもいます。最悪ですよね。っつーかタクシーに乗...

おススメサイト

トップへ戻る