東京でタクシードライバーをやってみませんか

わざとメーターをあげたと怒るお客さん

わざとメーターをあげたと怒るお客さん

 

男性画像

 

2017年にワンメーターが410円になりましたが、どうでしょう?

 

私はもうしばらくこういうお客さんに出くわしていないです。

 

まあお客さんのほうも結構運転手をみて物事を言いますから、

 

”この運転手慣れてる”

 

と思うと、あまりつっかかってくる人もいないというのもあるかもしれません。。

 

でも、やはり今でも「何だ、今わざとメーターあげて止めたろ。」という古典的な文句を言うお客さんはいるそうです。

 

私から言わせればTVの見過ぎじゃないの?ってな感じですね。

 

大体たかが80円売り上げをあげるために、わざわざ嫌な思いまでしてメーターをあげて止める人がいるのでしょうか。

 

しかも実質運転手の身に入るお金は40円もありませんよ。

 

それだったら逆に80円でも安くして、気持ちよく降りていってもらったほうがこちらだって気分がいいでしょう。

 

そう考えている運転手が今はほとんどだと思います。

 

それから今のタクシーメーターは、そろそろ値段があがる頃になるとシグナルが出てくるんですが、運転手もそれはちょくちょく確認してはいます。

 

タクシーメーター画像

 

できれば、値上がりする前に止めてあげたいと思うのが人情ですから。

 

でもシグナルを気にして運転しては非常に危ないですよね。

 

なので止まった瞬間にメーターが上がってしまうということも多々あります。

 

まさか交差点のど真ん中に停車するわけにもいかないですから。

 

(たまに変な止め方をしてひんしゅくをくらっているタクシーもいますが、この料金を上げまいとしてそういう変な止め方になっているのもいると思います。あと数十cmでメーターあがりそうなど。)

 

でもそれは仕方ないのです。

 

ぶっちゃけそこに止めてくれというから止めただけで、値段が上がったのはお客さんに運がないから。

 

そう割り切ってください。

 

確かに、止まった瞬間にメーターが上がるとムッとして降りていく人が多いでしょう。

 

でも一言「あ、上がっちゃったなー。すいません」この位の事を言っておけば、まあ99%文句をいう人はいないと思いますよ。

 

それからあまり丁寧に謝る必要もありません。

 

こちらは別に悪くないのですから。

 

最近では、誰かに知恵をつけられて、お客さんのほうがシグナルを気にしながら止める人がいます。

 

言わなくてもこちらは雰囲気でわかります。

 

でも、止めやすい場所や止めてはいけない場所くらいは勉強してほしいですね。

 

ワンメーターが410円の時代に、たかが80円ケチるっていうのは、ちょっと狭量すぎませんか?ww

 

 

 


 
トップへ戻る