東京でタクシードライバーをやってみませんか

酔っ払いのお客さん

酔っ払いのお客さん

 

 

タクシーに乗っていれば、酔客なんかも乗せるわけですが、我々運転手が一番困るのが爆睡されることです。

 

乗ってくるときはわりと普通で、目的地も言ってくれ、”この人は大丈夫かな”なんて思っていたら、着いたらもう絶対に起きないモードの人とかもいます。

 

それでも目的地を言うだけいいですが、乗ってくるなり「ずっとまっすぐ行って」だけ言ってそのまま爆睡モードになる人なんかもいます。

酔っ払い画像

 

最悪ですよね。

 

っつーかタクシーに乗って起きることもできないほど飲むって正直アホだと思います。

 

まあそもそも私はそんなに酔っているお客さんは乗せませんがね。

 

”この人やばいな”と思ったら、近づいてきたとたんに逃げますよ。

 

そんなところをもしタクシーセンターに見つかったら、乗車拒否で指導を受けるのでしょうが、タクシーセンターの言う通り営業なんかしていたら身が持ちません。

 

正直言って私は十何年のうち、何回もお客さんとケンカもしていますし、途中で降ろしたこともあります。

 

ただ会社には苦情は行きましたが、タクシーセンターにはいかなかったので、いまだセンター違反はありません。

 

かと思えば、たった一回のお客さんとのトラブルでセンター苦情になる人だっているんです。

 

これは運ですよね。警察の取り締まりといっしょです。

 

 

とにかくもしもあなたが酔客を乗せて、爆睡されてしまったら、最寄りの交番に行くのが一番です。

 

近くに交番がなかったら110番連絡しなさいと指導しているタクシー会社もあります。

 

こっちのほうが手っ取り早いです。

 

警察は面倒がるかもしれませんが、会社にそう指導されていると言えば何も言えませんから。

 

とにかく運転手はお客さんに絶対触れることはできないので、大声で起こすかドアなどを開けてバタバタするしかないのですが、そんなことではまず起きませんよ。

 

おまわりさんに頼みましょう。

 

 

 

 
トップへ戻る